2017年12月03日

2017年内の公演をまとめました。
新情報あれば随時更新致します。

その1。
○feblabo(×シアター・ミラクル)プロデュース
東京→石巻弾丸ツアー
第二回いしのまき演劇祭参加作品
『日曜日よりの使者』『アレルギー』
1508492017774

1508492024024


【東京公演】
2017年11月2日(木)~4日(土)@新宿シアター・ミラクル/東京

【石巻公演】
2017年11月5日(日)@レストランいち/石巻
2017年11月6日(月)@ロングビーチハウス/石巻

脚本:『日曜日よりの使者』竜崎だいち(羊とドラコ)/『アレルギー』米内山陽子(チタキヨ)
演出:池田智哉(feblabo)

出演:
「日曜日よりの使者」荻山博史(smokers)、島田雅之(かはづ書屋/DART'S)
「アレルギー」黒澤多生(無隣館)、山本沙羅

タイムテーブル&チケット:
【東京公演】
2017年11月2日(木)~4日(土)@新宿シアター・ミラクル(東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4階)
2日(木)20:00
3日(金・祝)15:00/19:00
4日(土)15:00★/19:00
※受付開始・開場は開演の20分前。
※★の回は『日曜日よりの使者』のみの上演になり、チケット代が2000円になります。なお、一部この回のみの特別な演出になります。

<チケット>
前売・当日 2,800円 学生割引 2,000円(要学生証提示・当日可)
★の回のみ、前売・当日 2,000円 学生割引 1,500円(要学生証提示・当日可)

<予約>
東京・シアターミラクル
http://ticket.corich.jp/apply/86764/003/


【石巻公演・1】
2017年11月5日(日)@レストランいち(宮城県石巻市千石町4-8)
5日(日)18:30
※受付開始・開場は開演の30分前。


<チケット>
前売・当日 3,000円(※ビュッフェ形式のお料理付き)
いしのまき演劇祭パンフレット付きチケット 3,500円(要予約)(※ビュッフェ形式のお料理付き)
<予約>

石巻・レストランいち
http://ticket.corich.jp/apply/86765/003/


【石巻公演・2】
2017年11月6日(月)@ロングビーチハウス(宮城県石巻市渡波字浜曽根の壱47-1)
6日(月)19:30
※受付開始・開場は開演の30分前。

<チケット>
前売・当日 2,500円(※別途1ドリンクオーダー制)
いしのまき演劇祭パンフレット付きチケット 3,000円(要予約)(※別途1ドリンクオーダー制)
<予約>
石巻・ロングビーチハウス
http://ticket.corich.jp/apply/86766/003/


■「第二回いしのまき演劇祭」とは
『週末は、芝居を観に出かけよう!』をコンセプトに2017年11月の毎週末、宮城県の石巻地域で芝居やパフォーマンスなどのイベントを行います。
東日本大震災以降、石巻には様々なシーンで活動している劇団が増えました。
いしのまき演劇祭では、さらに東京で活躍する劇団も参加します。
観に来たお客さまにも、参加する劇団にも、石巻という場所で多様な演劇表現を体験していただくことを目的としています。
https://i-engekisai.jimdo.com/

お問い合わせ先:
feblabo@gmail.com
090-8560-3381(池田・12:00~22:00)

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
その2。
○鬼の居ぬ間に
『座敷わらし ―眠るは我が愛し子–』
脚本・演出 望月清一郎


1508543138519


1508543140810


【時】2017年
11月29日(水)17:00
11月30日(木)14:00/17:00
12月 1日(金)休演日
12月 2日(土)12:00/14:30/17:00
12月 3日(日)13:00/16:00

受付開始・開場は開演30分前
上演時間は60分を予定
※お履物をぬいでのご観劇となります

【場】
古民家asagoro 
(西武新宿線 鷺ノ宮駅 徒歩10分
http://www.asagoro.com/

【値】
前売2,000円 当日2,500円

★ご予約はこちらから★
https://www.quartet-online.net/ticket/zashikiwarashi?m=0abgaab

※チケット発売日10/6(金)
※座席数が少ないためお早めのご予約をお願いいたします


【出演】
美吉弘恵
津金由紀(以上、鬼の居ぬ間に)

島田雅之(かはづ書屋/ DART‘S)
山本佳希


企画・製作 鬼の居ぬ間に
HP⇒https://onino-inu-mani.jimdo.com/
お問い合わせ⇒oninoinumani02@gmail.com


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

その3
◯smape produce Vol.1
『裸の王様の耳はロバの耳?』
作/演出 広瀬格」
22369 裸の王様の耳はロバの耳


【注意!】
☆島田の出演は11/11のみです!
■タイムスケジュール
11月8日(水)〜12日(日)
8日(水)19:00
9日(木)14:00/19:00
10日(金)14:00/19:00
11日(土)13:00/18:00
12日(日)15:00
計8ステージ
■チケット
先行予約(特典付き):S席6,000円
9/24(日)~9/30(土)
特典はオリジナル不織布トートバック、パンフレットやチラシも入る充分な大きさです。
一般販売:S席6,000円、A席5,000円
10/8(日)~11/5(日)
※全席指定
※S席は前方3列のご案内、またカンフェティのみの販売です。

<チケットのご購入・ご予約>
▼先行販売
9/24(日)12:00 ~ 9/30(土)23:59予約締切、10/2(月)23:59 発券締切
▼一般販売
10/8(月)18:00 ~ 11/5(日)21:00予約締切、23:59 発券締切
前売り
Confetti(カンフェティ)
http://confetti-web.com/smape/
0120-240-540*通話料無料・オペレーター対応
(受付時間 平日10:00~18:00)
■劇場
中野ザ・ポケット
JR中央・総武線/東京メトロ東西線中野駅南口より徒歩5分
ポケットスクエア事務所 (11:00~22:00)
〒164-0001東京都中野区中野3-22-8

smape公式サイト
https://oosamaloba.web.fc2.com/

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

おまけ
○映画「ナラタージュ」
劇中演劇監修スタッフとして参加。
全国の映画館にて絶賛上映中!


(07:40)

2017年11月09日

903a879b.jpg

9085fa88.jpg

002a8212.jpg

b53f9dde.jpg

88b6a805.jpg


BeautyPlus_20171107210856_save
今回は長いです^^;
ご了承くださいませ。

feblabo「アレルギー/日曜日よりの使者」東京→石巻弾丸ツアー、全日程無事に終了致しました。

さて、なにかから書こうか。。。
書きたいことが多過ぎて。。。

feblabo池田くんが、まず石巻に行くかもしれない、そしたらこの「日曜日よりの使者」を島田さんでやりたい、という話を持ってきてくれて、まずは読んでくれと。
石巻にいくとか、一旦置いといて。
読めば必ず島田さんは演るっていうよ!
と確信めいた口調で言われました。
その言葉通り。即答でした。
読んで、震えてこの「日曜日よりの使者」を是非演りたい!
これを俺で演りたいといってくれた池田くん、本当に光栄でした。
そしてずっと、ガチで演りたかった荻山さん。紆余曲折あり、荻さんに決まって小躍り。そしてやっぱり荻さんとじゃなきゃ出来ない空気が出来上がった。
毎回毎回毎回毎回…ほんっっっとーに新鮮で、楽しく、辛く、寂しく、悲しく、救われて。
老人から小学生まで、こっちからあっちまで、頭と身体をフルに使って、物理的に出るものは全部出して(血以外w)。
終わって、次の日。魂を使い切ってしまったので、モノは何回も落とすは頭はぶつけるは飲み物はこぼすはでした。

東京で演って、石巻に来てあの芝居の風景がカチリとハマった。
東京で生まれて育って、石巻でさらに成長した気がします。

石巻の海岸。堤防を越えた途端、視覚一杯に広がる海、水平線、遠くに見える島、海の匂い、砂の手触り、踏みしめた砂の感覚、カモメの鳴き声、水面に反射する太陽。
凄かった。
圧倒された。
魂が、震えた。
舞台では風景しか見えなかった。
たから長ゼリ中は意識が飛んでる自分と冷静な自分がマーブル模様になって、感情がおかしな所へダイブしてった。

コーヒー、ポテト、リーゼント、カモメ、海、レーズンチョコ、マドンナ、親友。

石巻のお客様のアンケートが手紙のようでした。ひとつひとつじっくり読ませていただきました。とろけました。イラストもとても嬉しい!
面白い物語を演りにきたよーって感じだったのに、沢山の宝物のようなイロイロを貰っちゃった。
忘れてはいないんだけど、何処かに仕舞いこんでいたり、使い古して錆ついていた気持ちとかが、見つかったりピカピカになったような感覚。
これは石巻で演らなかったら絶対に感じられなかった!
今まで僕が、僕らが演って来たことは間違いじゃなかった。楽しんで貰えた!
終演後のお客様達の顔、2日共に頂いたダブルカーテンコール。感極まるのをこらえて舞台上からご挨拶させて頂きました。この景色は一生忘れない。

高校生と中学生の演劇やってる女の子とお話が出来ました。キラッキラの表情で話してくれて、もうそれだけでグッときた。
キツいこともたくさんあるけど、楽しんで演劇を続けて貰えたらいいなあ。
だって演劇って楽しいでしょ!
演劇のチカラはやっぱり凄い。

東京も石巻も全力で、魂で演れました。

「日曜日よりの使者」作家の竜崎だいちさんと石巻で初めてお会いできました。こんな本をかける人はどんな人なんだろう、とずっと思ってました。とても気さくな素敵な方でした。
石巻千秋楽で飲みつつお話させてもらいました。いろいろ秘話も聞けて楽しかった。
この本は色んな場所で演れる力を持った本だと思います!むしろ持って行きたい!と強く思います。
元々は石原正一ショーさんに向けて書いた本を、心よく使わせてくださって本当に有難う御座いました。全身全霊で演らせて頂きました。


この企画を立てて、僕達を石巻の地まで連れてきてくれた池田くんに、まず最大の感謝を。君がいなけりゃここにいれない。人、作品、心を繋いでくれて、本当に有難う!

自分の芝居以外のことも色々細かくフォローしてくれた上に芝居の粋をわかってるタオくん。
真っ直ぐで真っ直ぐな、それが感動を呼ぶ沙羅ちゃん。マドンナの顔がどんどん素敵になっていって密かな楽しみでした。
そして荻さん、いやハマオ。ずっとずっとガチでやろうといってて、いっつも飲んで飲んで、いつかやりましょう!と言っていて、この「日曜日よりの使者」で実現出来たことが心の底から嬉しいです。
本当の意味で戦友になれた!

アレルギー作家、米内山さんことヨナ。 作だけでなく、東京石巻と手話通訳をしてくれた。凄え手話通訳となによりアレルギー!やっぱり凄え作家だなあ、と思ったし、今まで何か自分のターニングポイントに必ずヨナがいる感じなので、今回もそうなんじゃないかと…!

菊池佳南さん、同じくいしのまき演劇祭に参加なさるということで、特別ゲストヒロインとして出演くださいました。
沙羅ちゃんとはまた違うヒロイン像を持ってきてくださって、別の扉を開いてくださいました。あと自主的にカモメもやって頂いて、踊るカモメという斬新なスタイルを有難うございました(笑)

希木ゆきちさん。
まさかのカモメゲストという謎のワードが誕生しました。元々はお手伝いできてくださいましたが、何故かカモメで出る!という話になりました。ご本人は演出もやられてる方なので、全力で暴れてくれました。いーいジャンケンだったぜ(笑)

最後に。
東京で観てくれたお客様、そして石巻の皆様、レストランいち様、ロングビーチハウス様、そしてなにより、いしのまき演劇祭実行委員会の皆様、本当に本当に有難うございました!!
演劇やっててほんっっっとーに良かった!!
ゴールデンデイズ。
ご褒美のような、宝物のような時間。
俺はとても幸せです。




(18:06)

2017年11月04日

f0d7b867.jpg

ca44151e.jpg

5d03b04a.jpg

25bb78e6.jpg

60f5aa6d.jpg





っと言う間に東京千秋楽の「アレルギー/日曜日よりの使者」
どちらもあたたかい感想を頂けて何よりです。有難うございます。
初日、二日目とどんどん楽しくなってきています。
こういう役を演るのも久し振りなので楽しさ倍加です。眉間にシワの寄った役が多いからね。
なかなか開けない引出しをいっぱい開けさせてもらってます。
ずっとがっつり演りたかった荻山さんとの二人芝居。あと石巻含めて四回だけですが、堪能しようと思います。

天気がずっと良くて嬉しい。
今日も全力で!


写真。
いち。
かはづ主宰森尾さん、月末の鬼の?でも共演ボビさんこと山本さん、それから森口さんと山田くんが観に来てくれましたーー!

に。
アレルギーの作家、そして手話通訳のチタキヨ、米内山さん。
もう知り合ってかれこれ20年近くになります。びっくり。
ヨナとは何かの節目で必ず会うんですよね。不思議と。だから今回もそういうコトなんだね。きっと。

さん。
みんなで楽屋で。
荻さん多生くん沙羅ちゃん米内山さん。
本番前も実に和やかです。

よん。
女優の中川沙瑛さん。
楽しんで貰えたようで嬉しい!

ご。
楽屋で談笑する三人を隠し撮り。
いーい顔してる!




(11:28)