2018年09月04日

1a7e057b.jpg

d30724fe.jpg


1523009792661


数が多くなって来たので、今後の出演作品情報をまとめました。予約フォームなどまだ無い所もございますが、情報が決まり次第アップデートしていきます。
どの作品も期待しててくださいな。
そして、かはづ書屋が二本あるという…!


その1
Peachboys
第7回公演
童貞SF銀河系ラブサスペンス
『君のナニは 。~宇宙穴兄弟~』
作・演出:白坂英晃(はらぺこペンギン!)

2018年4月24日(火)?4月30日(月)
【会場】@下北沢シアター711

【チケット】
日時指定・全席自由
前売:2500円 /当日:2800円
〈学割〉
前売・当日共:1500円
〈☆初日&平日昼割〉
前売・当日共:2200円

『君のナニは。?宇宙穴兄弟?』
【TIME TABLE】
24(火)20:00 ☆
25(水)20:00 ★
26(木)20:00 ★
27(金)15:00 ☆/20:00 ★
28(土)14:00/19:00
29(日)14:00/19:00
30(月)13:00/18:00

【出演】
GO、KYOKYO、KYOSUKE
赤崎貴子、佐藤有里子、杉村こずえ
馬場史子、森口美樹
熊野善啓(チャリT企画)
島田雅之(DART’S/かはづ書屋)
園田シンジ、三宅法仁
山田健太郎(やまだのむら)
バブルムラマツ(劇団鋼鉄村松)
竹林林重郎(劇団竹)

【ご予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/naniana?m=0abgaab(島田扱い)



その2
犀の穴プロデュース6月
『黄雏菊 Rudbeckia : anjir zero 』
脚本・演出:細川博司( バンタムクラスステージ ) 

【出演】
椎名亜音(劇団6番シード)
土田卓(弾丸MAMAR)
民本しょうこ(Bobjack Theater)
鶴田 葵
麻草 郁
三宅法仁
島田雅之(かはづ書屋/DART'S)
篠宮穣佑(劇団ゲキジョウ!)
水野夏子
沖田幸平(バンタムクラスステージ)
田辺理紗(C&Oプロダクション)
阿部博明
松浦暁人

【会場】
犀の穴
(東京都北区上十条 1-16-10  照沼ビル 1F )

【チケット料金】
前売 / 当日  4000 円

【チケット発売開始】
2018 年4月2 0 日 12 時

【ご予約】
https://ticket.corich.jp/apply/91331/104/(島田扱い)

【公演日時】
2018 年 6月22日~27日 
全8ステージ(予定)
6月22日(金) 19 : 00★
6月23日(土) 13 : 00★ / 18 : 00
6月24日(日) 13 : 00★ / 18 : 00
6月25日(月) 19 : 00
6月26日(火) 19 : 00
6月27日(水) 19 : 00
★公演後イベントあり

【公式ホームページ】
http://www. sainoana.tokyo/

【公式 Twitter 】
@sainoana

ハッシュタグ
#舞台ルドベキア



その3
大かはづ師匠
『東京酒徒』

2018/7/11(水)~7/15(日)
@上井草エリア543
(東京都杉並区井草5-5-25)


「夏」。
太陽は眩しく、厳しくコンクリートジャングルを照りつける。こんなときこそ酒だ、祭りだ、演劇だ。
『逆転!!』をテーマに謎でコントでミステリー。大統領師匠×かはづ書屋がお送りする、危険な香りの蒸留酒。

かはづ書屋公式サイトhttp://www.frog-books.com/



その4
かはづ書屋『Dの再審』第2版

9/4ー9/9
@下北沢楽園

脚本・演出
柳井 祥緒(十七戦地)

原案
江戸川 乱歩「D坂の殺人事件」

【作品紹介】
(2016年の初演より。)

大正9年。
帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。
警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。
青年の名は明智小五郎。
『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。

そして40年後、昭和35年3月。
明智小五郎の還暦を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。

「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」

この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。
さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。

遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。

かはづ書屋公式サイトhttp://www.frog-books.com/


(12:20)

2018年03月22日

6b34e2ac.jpg


BeautyPlus_20180308095944_save
ce5db39d.jpg

2017年度の養成所講師のお仕事も21日水曜日をもって、無事に終えることが出来ました。
講師二年目、昨年よりは色々とやれたかなとは思いますが、まだまだ言葉も時間も足りない。
課題ばかりが見えた二年目。
その中でも、自分の大切にしてることは何かがはっきりしてきた。答えはやっぱりこれまでの舞台の中にありました。
今年度は2クラス。10人と19人。
誰も彼もわからない。名前も顔もなかなか一致しない。
そんな所からのスタートでしたが、最終的には覚えていくものでして。
みんな一人残らずかわいい奴らだと思ってしまった。
若い子達が何を考えてるのかなんてわかるわけがない。だから俺は俺が面白いと思うことを武器にして撃ちまくる。そこに年齢差は無い!はず。と信じて。

最後のレッスンでは、今思うこと、それぞれ各個人に伝えられるものを話した。
今しか無いモノが必ずあるから、それを持ち続けていって欲しいと思う。

こちらもとてつもない勉強をさせてもらってる。
大切な時間を過ごさせてもらえてる。
もっともっと俺も成長していってやるからな!

生徒たちに貰いました。
寄せ書きと花束とネクタイ。
とっっっても嬉しい。
寄せ書きとか本当に嬉しい。
宝物です。


(22:00)

2018年03月18日

63a74db7.jpg

06b89301.jpg

b20e8726.jpg

f5bdfce1.jpg

1月
屋上のレンジャー
とてもとても信頼している長田くんからお誘いを頂いた現場。
彼が集めたメンバーはとてもとても強かった。
出自は違うけれど、進む方向性、演出長田くんへの信頼度が高い現場でした。
本当に凄い演者陣でした。
前を見続けてより良い方へ進む。でも自分の軸は外さない。バランスが繊細、だけど舞台は大胆。そこを攻められた舞台。
またこのメンバーで舞台をやりたいと心から思った面々。
で、ひっっっっさびさの殺陣もやれました。プロレス風味多めで。
ローリングエルボー、虎王、カンパーナ、ローリングソバットを取り入れてもらって、とても嬉しい。まだギリギリ動けましたね。よかった。
本当に共演者と演出に力をもらえた舞台となりました。

2月
鬼の居ぬ間に
人魚ー死せる花嫁ー
客演としていつの間に長い間使ってくださっている現場。
作・演出の望月くんとは公私ともに仲良くしてもらってる。
そんな中で作品中の逆サイド、ドがつくヒールをふって貰えたことがとても光栄。
ただただ嫌悪感やパワハラ的な理不尽さを体現し続ける演技体に挑戦できた。
人は理不尽であると思っている。喜びも嫌な感覚も。感覚としてどのように感じるかどうか。嫌な感覚ならば理不尽だと思うし、すてき!と思えたならそれはラッキー!って思う。その違いだと思うんだ。
物語の表裏の裏の部分をやらせて貰えて、とてもやり甲斐のある役、そしてそう思える物語でした。
特に昨年12月の鬼の居ぬ間にでは理不尽に翻弄される役だったから、近い期間でどちらも出来たことがとても力になっている。

そして3月、担当している声優養成所講師の現場の一年の締めくくり、修了公演。
今年は2クラスでした。
脚本なんぞ書いたことのなかった俺が昨年から合わせて三本書いたという事実。
あくまでプレイヤーだから、本の完成度に関しては申し訳ないと言うしかない。
けれど役者として大切に思ってることは伝えた。
講師として、というより一緒に芝居を作るカンパニーとして接してきました。
何かそのなかで自分にとって大切なものを見つけられたらば嬉しいな。
結局、誰が何を言おうと何をしようとどれだけ背中を押そうが進むのか動かないかは本人次第だし。
でもその代わり僕は出来うる限りの全力で背中は押す。
そしてなにより、講師をしていくなかでこっちも感じることが多い。かけがえのない経験値を積ませてもらってます。
生徒たちの頑張りが形になったときに目頭が熱くなる。それがこちらの心をとても動かすんだ。

そんな3ヶ月。
怒涛のように色々なことがあり、まとめも簡略化しちゃった。
でも今年入ってからのこの3現場は、この先もとても意味のあるモノになったかと思います。

今後、4月PEACHBOYS、6月某現場、
7月と9月にかはづ書屋、そして…と更に有り難いことに続いて行きます。
どの舞台も面白くなるし、するし、挑戦をし続けています。コメディだろうが論争劇だろうが全力で挑み続けるだけです。

まだまだブレーキは壊し続けていかなきゃね。
ホント濃い2018年の始まりです。
でもまだもっともっと!



(00:48)