楽園中毒者

かはづ書屋/DART`Sの俳優、島田雅之のブログ 演出、演劇講師もやってます。

IMG_20180630_123253


かはづ書屋2018年9月作品
「Dの再審」
作・演出 柳井祥緒
於:下北沢 小劇場楽園

【日時】
9月4日(火) 19:30★
9月5日(水) 19:30
9月6日(木) 14:00◎ / 19:30
9月7日(金) 14:00 / 19:30
9月8日(土) 14:00 / 19:00
9月9日(日) 15:00

【チケット】
3,000円 ~ 3,500円
★回 3,000円 (学割 2,800円)
通常 3,500円 (学割 3,300円)
◎木曜14時アフタートーク 柳井 祥緒(十七戦地 脚本家)× 戸川 安宣さん(編集者)

学割制度 全公演200円割引
※要予約 当日受付にて学生証の提示が必要です
※受付開始は上記45分前 開場は30分前となります。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください

【ご予約】
【島田扱い】

【あらすじ】
大正9年。
帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。
警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。
青年の名は明智小五郎。
『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。

そして五十年後、昭和四十五年九月。
明智小五郎の探偵デビュー半世紀を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。

「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」

この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。
さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。

遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。


2016年に上演の「かはづ書屋」旗揚げ公演「Dの再審」
ミステリ界からの応援を受け、スタジオから劇場に場をうつして再審理

大かはづ師匠「東京酒徒」無事に全日程終了しました。
かはづ書屋は「小さき夜」というお話でした。
谷崎潤一郎と横溝正史の推理合戦。
かはづ書屋メンバー3人とお馴染みチタキヨの田中千佳子さんを迎えて挑んだ、かはづ書屋初の少人数中編。
僭越ながら演出も担当しました。
柳井さんの世界を壊さず、我々四人でしか出来ないものを作ろうと思い作ってました。
結果、個人的にはかはづ書屋らしい作品になったかと感じてます。
かはづ書屋ってこんな感じです。と胸を張って言える作品になりました。
とはいえ、やはり作品の強さと心強い役者のおかげで安心して出演も演出も取り組めました。
久方ぶりの演出で不安だったけど、楽しいと思えたのは座組のおかげ。
また機会があれば演出やりたいですね!
そして今回は大統領師匠さんとの異色コラボ。
コラボを楽しんでもらえたようで、とても嬉しい。
で、大統領師匠さんのほうでは音響オペもやりました(笑)
人生初音響オペレーション。
楽しかったなあ!
決まった時の気持ちよさ!
というか、大統領師匠さんのをブースで見ながら笑ってました。臼と嘴もいだ後が特に好きw

初夏にあるまじき暑さの中、ご来場くだすった皆様、本当に本当に有り難うございました!
かはづ書屋も大統領師匠もどうぞ宜しくお願いします。

BeautyPlus_20180714185329130_save

BeautyPlus_20180718124000316_save

さて次回はDの再審。
二年前にスタジオ空洞で上演した作品。
今回は劇場に場所を移しての再演となります。
予期せぬご好評を頂きまして再び上演と相成りました。有り難いことです。
でも、めちゃくちゃ怖い。本当に役者人生を賭けて挑まねばならないこの作品。
どうか観に来て頂けますようお願いいたします!

【公演詳細】

かはづ書屋2018年9月作品
「Dの再審」
作・演出 柳井祥緒
於:下北沢 小劇場楽園

【日時】
9月4日(火) 19:30★
9月5日(水) 19:30
9月6日(木) 14:00◎ / 19:30
9月7日(金) 14:00 / 19:30
9月8日(土) 14:00 / 19:00
9月9日(日) 15:00

【チケット】
3,000円 ~ 3,500円
★回 3,000円 (学割 2,800円)
通常 3,500円 (学割 3,300円)
◎木曜14時アフタートーク 柳井 祥緒(十七戦地 脚本家)× 戸川 安宣さん(編集者)

学割制度 全公演200円割引
※要予約 当日受付にて学生証の提示が必要です
※受付開始は上記45分前 開場は30分前となります。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください

【ご予約】
【島田扱い】

【あらすじ】
大正9年。
帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。
警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。
青年の名は明智小五郎。
『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。

そして五十年後、昭和四十五年九月。
明智小五郎の探偵デビュー半世紀を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。

「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」

この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。
さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。

遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。


2016年に上演の「かはづ書屋」旗揚げ公演「Dの再審」
ミステリ界からの応援を受け、スタジオから劇場に場をうつして再審理




IMG_20180630_123253
IMG_20180630_123256
IMG_20180630_123300



そして更に。
D以降の公演情報がひとつ公開されました!
お初の劇団です。

【公演情報】
はらぺこペンギン!第25回公演
『古書パラレル浪漫譚』
2018年10月17日~21日
神保町花月
作・演出 白坂英晃
演出 三浦佑介(あサルとピストル) 

※第25回公演は神保町花月で行われます!現在、出演が決定しているキャストを発表します。チケット等の詳細は正式な情報公開をお待ちください!

です!
お初とはいえ、何度も観てるし、共演する方々も知ってる方が多く、なによりPEACHBOYSの作演出の白坂さんの劇団。
でも、PEACHBOYSとは全く逆のカラー。
とても楽しみです。
そして数年ぶりに神保町花月に立てる。
こちらも詳細決まり次第、載せていきます!

IMG_20180718_122710


実は。
まだある。
まだあるんです。下半期。
カミングスーン…。
どんだけやるんだよおい。て感じですが、どれもマジ面白いので、是非とも劇場までいらしていただいて、物語を感じていって頂けたら、と思います。




1a7e057b.jpg

d30724fe.jpg


1523009792661


数が多くなって来たので、今後の出演作品情報をまとめました。予約フォームなどまだ無い所もございますが、情報が決まり次第アップデートしていきます。
どの作品も期待しててくださいな。
そして、かはづ書屋が二本あるという…!


その1
Peachboys
第7回公演
童貞SF銀河系ラブサスペンス
『君のナニは 。~宇宙穴兄弟~』
作・演出:白坂英晃(はらぺこペンギン!)

2018年4月24日(火)?4月30日(月)
【会場】@下北沢シアター711

【チケット】
日時指定・全席自由
前売:2500円 /当日:2800円
〈学割〉
前売・当日共:1500円
〈☆初日&平日昼割〉
前売・当日共:2200円

『君のナニは。?宇宙穴兄弟?』
【TIME TABLE】
24(火)20:00 ☆
25(水)20:00 ★
26(木)20:00 ★
27(金)15:00 ☆/20:00 ★
28(土)14:00/19:00
29(日)14:00/19:00
30(月)13:00/18:00

【出演】
GO、KYOKYO、KYOSUKE
赤崎貴子、佐藤有里子、杉村こずえ
馬場史子、森口美樹
熊野善啓(チャリT企画)
島田雅之(DART’S/かはづ書屋)
園田シンジ、三宅法仁
山田健太郎(やまだのむら)
バブルムラマツ(劇団鋼鉄村松)
竹林林重郎(劇団竹)

【ご予約】
https://www.quartet-online.net/ticket/naniana?m=0abgaab(島田扱い)



その2
犀の穴プロデュース6月
『黄雏菊 Rudbeckia : anjir zero 』
脚本・演出:細川博司( バンタムクラスステージ ) 

【出演】
椎名亜音(劇団6番シード)
土田卓(弾丸MAMAR)
民本しょうこ(Bobjack Theater)
鶴田 葵
麻草 郁
三宅法仁
島田雅之(かはづ書屋/DART'S)
篠宮穣佑(劇団ゲキジョウ!)
水野夏子
沖田幸平(バンタムクラスステージ)
田辺理紗(C&Oプロダクション)
阿部博明
松浦暁人

【会場】
犀の穴
(東京都北区上十条 1-16-10  照沼ビル 1F )

【チケット料金】
前売 / 当日  4000 円

【チケット発売開始】
2018 年4月2 0 日 12 時

【ご予約】
https://ticket.corich.jp/apply/91331/104/(島田扱い)

【公演日時】
2018 年 6月22日~27日 
全8ステージ(予定)
6月22日(金) 19 : 00★
6月23日(土) 13 : 00★ / 18 : 00
6月24日(日) 13 : 00★ / 18 : 00
6月25日(月) 19 : 00
6月26日(火) 19 : 00
6月27日(水) 19 : 00
★公演後イベントあり

【公式ホームページ】
http://www. sainoana.tokyo/

【公式 Twitter 】
@sainoana

ハッシュタグ
#舞台ルドベキア



その3
大かはづ師匠
『東京酒徒』

2018/7/11(水)~7/15(日)
@上井草エリア543
(東京都杉並区井草5-5-25)


「夏」。
太陽は眩しく、厳しくコンクリートジャングルを照りつける。こんなときこそ酒だ、祭りだ、演劇だ。
『逆転!!』をテーマに謎でコントでミステリー。大統領師匠×かはづ書屋がお送りする、危険な香りの蒸留酒。

かはづ書屋公式サイトhttp://www.frog-books.com/



その4
かはづ書屋『Dの再審』第2版

9/4ー9/9
@下北沢楽園

脚本・演出
柳井 祥緒(十七戦地)

原案
江戸川 乱歩「D坂の殺人事件」

【作品紹介】
(2016年の初演より。)

大正9年。
帝都東京の古本屋を舞台に密室殺人事件が発生。
警察が手をこまねく中、一人の青年が謎を解き明かす。
青年の名は明智小五郎。
『D坂の殺人事件』と呼ばれるこの事件の解決を機に、明智は日本を代表する名探偵になっていった。

そして40年後、昭和35年3月。
明智小五郎の還暦を祝い、『D坂の殺人事件』の事件記録をもとに模擬裁判が行われる。明智の推理を讃えるイベントのはずだったが、参加者の一人が異議を提出。

「明智小五郎は誤った人物を犯人として告発した。事件は冤罪だった」

この発言をきっかけに、次々と飛び出す新たな証拠や証言。
さらに参加者たちの思惑が絡み合い、模擬裁判は混乱の渦に飲み込まれていく。

遅れて来る名探偵を待つ人々が、論理と情念を弾丸のごとく飛び交わさせる論争エンターテインメント。

かはづ書屋公式サイトhttp://www.frog-books.com/

このページのトップヘ